【要確認】安全に人妻との不倫セックスする方法と対策注意点

人妻とのセックスを行うということは、不倫であり貞操義務違反とされる行為です。そのため、人妻とのセックスには常に危険が伴うわけですが、それが逆に人妻不倫セックスの醍醐味であるわけです。

人妻はそれを承知の上で不倫セックス募集を人妻セフレ掲示板に出すわけですが、メールする男性側も注意が必要です。

貞操義務に関しては、人妻と旦那との関係が破綻状態であるなどの場合には不貞行為とみなされない事がある、など法律上の知識を持つと、より人妻との不倫セックスを安全に行えるなど、人妻業界ならではのテクニックも存在します。

安全に人妻とセックスする方法を事前に知って低リスクなセックスを楽しみましょう。

人妻と貞操義務

人妻と貞操義務

日本の法律では一夫一婦制が取られており、結婚後、妻と夫にはそれぞれ貞操義務が発生します。これは単純に、他の異性と性行為をしないというだけではなく、婚姻関係に影響を及ぼす行為も含まれるわけです。

そのため、人妻とセックスするという行為は、日本の法律上、不貞行為とみなされ、慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

これが人妻とのセックスに起こり得るリスクというわけです。人妻は基本的にこの事を理解している事が多いですが、ときに頭が弱い人妻もいて、「離婚=妻が慰謝料をもらう」という解釈をしていたモンスターもいるほどです。

そういった頭が弱い人妻は、特にリスクの高い危険人妻として業界ではかなり煙たがられています。

そういった人妻を回避するためにも、しっかりと法的なリスクを理解しておくことが大事になります。

不貞行為にならない範囲

結婚している状態でも、不倫が不貞行為にならない場合もあります。

結婚自体が破綻状態の場合、不倫をしていても不貞行為とはならずに慰謝料のリスクがない場合があります。

分かりやすい事例で言えば、別居している、全く接触がないなどの状態で、セックスレスなどがよく言われる内容です。ただし、セックスレスだからといって、必ずしも婚姻関係が破綻しているとは認められるわけではないので注意が必要です。

人妻募集では良くセックスレスの意味で「夫とレスが続いています」なんていう書き方がされている場合がありますが、これは不倫関係が不貞行為になるかもしれない、程度の情報であることを認識しておきましょう。

また、人妻側が誘い文句のためにつかている嘘である可能性もあるので、そこも注意が必要です。

人妻とセックスのリスク回避

人妻とセックスのリスク回避

人妻との不倫セックスをする腕リスクを回避するのに必要なことは、概ね「身元を隠す」ということです。

その道のプロレベルの不倫セックスマニアの男性は、「常に不倫セックス用の期間限定携帯、それっぽい身分証、アカウント」を常備しており、簡単にはっ身元を割り出されないようにしているとのこと。

とある人妻セフレ掲示板では、基本的にそういった慰謝料なんかのリスクについて全くわかっていない情弱人妻が結構募集を出していて、こちら側に降りかかる火の粉が半端じゃないことが多いとか。

その火の粉を振り払うためにも、3種の神器として常に人妻セフレ掲示板を使うときは用意しているらしいです。

身元が明らかになれば、弁護士やら探偵、興信所なんかが現れることもあるらしく、失敗談を苦々しく語っていました。

不倫がバレた人妻がやばい

不倫セックスのリスクとして慰謝料が一番の問題とも思われがちですが、最も厄介極まりないのが、不倫がバレて頭真っ白になったあとの人妻です。

不倫セックス自体がやばいことを理解しているタイプの人妻であれば、ある程度はおとなしく慰謝料を払う意志を示す場合もありますが、時に不倫セックスは当然の権利と思い込む全くもって頭の悪い人妻もいるのが事実です。

この手の人妻は、不倫がバレて開き直り、離婚を請求されても抵抗、最終的に家から放り出されたり家を失ったりすることが多いのが特徴です。

最終的に旦那との接触が不可能になることが多く、実家に戻る意思の乏しい人妻が、不倫相手に泣きついたり、不倫相手を脅迫に来たりと、なりふり構わない行動であらゆるところに迷惑をかける痴態を晒すことがあるのです。

いわゆるメンヘラ気質の女性に多いのですが、この手の人妻は本当にタチが悪く、絶対に関わってはいけないタイプなのです。

運悪くこの手の人妻に身元やらをばらしてしまった場合は、引越しや、携帯の解約、メールアドレスの変更など、徹底的に行わなければ人生を炎上させられることでしょう。

本当に注意してください。

安全な人妻の見分け方

安全な人妻の見分け方

というわけで、不倫セックスの事前のリスク回避の次は安全な人妻の見分け方です。

基本的に不倫セックスを求めるという時点で、もうすでに頭のネジが若干足りないというのは分かると思います。

その中でも安全に不倫セックスを行えるタイプの人妻の特徴を知って、安全に人妻とのセックスを楽しめるコツをお教えします。

安全な人妻≠賢い人妻

ある程度リスクを分かっている人妻ということで、賢い人妻を会話の中から選ぼうとして大きな失敗をした男性がいます。

その人妻は、不倫セックスを盾に、その男性を脅迫したとのことです。

その男性も、不倫相手に対して、恋愛感情を抱いてしまい(人妻が恋愛の駆け引きのやり手)、身元を示す情報を与えてしまっていたことが大きな失敗の原因となったようです。

不倫のやり取りをすべて消去して、責任を男性になすりつけて、その男性の勤める会社にバラされたくなければ示談に応じろとの脅迫をしたわけです。

男性は示談に応じるしか無いと思い込んで、高額な慰謝料を含む示談に応じて事なきを得たという失敗談です。

人妻セフレ掲示板で募集を出す人妻の中にはこういった、危険なタイプの人妻もいるのです。あまりにもアホな人妻を選ばないことと同時に、賢すぎる人妻も避けたほうが無難であることは確かです。

何よりも、不倫セックスである以上、お互いの身の上は余り探らずに深くは見知らぬ男女であることを維持できることが人妻を安全に楽しむ最上の方法であることは間違いないでしょう。