【推奨】人妻とセックスすべき3つの理由

人妻と交わることは、通常の独身女性と交わることとは全く異なる快感があります。

これには3つの大きな理由があるのですが、人妻とのセックスを人生で一度も経験しないというのは、はっきり言って、7割を損しているんです。

これはあたかも人生で一度も焼き肉を食べない、ということに似ています。

多くの人が好むであろうそれを経験しないということは、多くの人に「こいつ人生損している」と思わせてしまうほどのもったいないことなのです。

当サイトにたどり着くことができたあなたは、今からでもすぐに人妻を探してセックス経験をしておくべきなのです。

人妻とのセックス

人妻とのセックスを公におすすめすることはできません。

日本では一夫一婦制がありますので、人妻との姦通がバレることになれば、慰謝料請求など、不法行為に基づいた権利行使をされてしまうのです。

なので、雑誌やテレビなどの公共の電波では”人妻を抱くべき”などという事をおすすめすることは全くないのです。しかしながら、インターネットではこういった制約はありません。

むしろどんな不法行為でもおすすめすることが出来るわけです。あらゆる不法行為の中で、最もおすすめするのが人妻との不倫セックスなのです。

これは精神的快感、肉体的快感、そして不法行為の中でも刑事事件にはならない、比較的に安全性のあるエロスなのです。

人妻と交わるべき理由その一

人妻画像

人妻とセックスを行うべき理由の一つは、尋常ではない気持ちよさがあります。想像してみてください。自分にとって最も理想と思える女性とのセックスを。

夢にまで描いた、あの芸能人とのセックス、学校や職場で気になっていたあの娘とのセックス。

人妻とのセックスはそういった理想・妄想のセックスを遥かに凌駕する快感と気持ちよさをえられることを断言します。

これこそが人妻とセックスをするべき1つ目の理由なのです。

人妻と共有する快感

ではなぜ人妻とのセックスがそこまでの快感を生み出すのでしょうか。

これには、精神的な面が肉体的な面のサポートをして、この両方からのアプローチがあるからこそのシナジー効果があるのです。

精神的な面の効果とはなんなのでしょうか。

人間は性行動に対して、嫌悪感を持つと言われています。この嫌悪感を越えて相手と交わりを交わすことで、より快感を生み出すと言われています。

わかりやすく言えば、後ろめたさを持ってセックスすることで快感は倍増するわけです。ではここに来て人妻と一般の独身女性を比べてみましょう。

一般の独身女性とのセックスでは後ろめたさと言えば、性行動に対する嫌悪感や、彼女への遠慮などでしょう。この程度であっても、肉体的快楽には影響があります。

すなわち、これらの後ろめたさが肉体的快感を増幅させるわけです。

では人妻とのセックスではどうでしょう。性行動に対する嫌悪感はありますが、おそらく人妻とのセックスを望む点で遠慮は無いことでしょう。しかし、そこには大きな障害となる不倫という後ろめたさがあります。

民法で有責となる姦通という不倫の大きな後ろめたさを生み出す要因があるわけです。これが精神的な快楽を激しく増幅し、比べ物にならないほどの快楽を生み出すわけです。

この、後ろめたさとのギャップという点で強い快楽を生み出す人間の生物的特徴は、昨今増えている強制性交事件などに代表されるように、禁断の快楽として社会的に案に証明されているのです。

レイプは刑事犯罪ですが、不倫は民事不法行為なわけです。

圧倒的快楽を得ようと思った時、人妻とのセックスがより安全でより快楽を得られるというわけなのです。

人妻を犯すべき理由その二

人妻画像

人妻との不倫セックスが不倫によって快感が倍増されることはわかったと思います。その中で人妻であることが、よりセックスによる快感を得るという面で有利であることをお教えしましょう。

快感を得るのに、コカイン、大麻、合成ドラッグなど、日本では芸能界を中心に絶えず薬物の汚染が広まっていますが、こんな粗雑な快感よりも人妻とのセックスが圧倒的に優良で有ることを知ってもらいたいのです。

薬物にはない、人肌刺激という面や、人妻の性に対する積極性に置いて、この点が大きく関わってくることになります。

人の身体は人肌を求める

人間の身体にはあらゆる部分に神経が通っています。

この神経は、温度や湿度、外的刺激などの、危険を察知すると同時に、人肌の感触を快感として伝える役目も果たしているのです。

性感帯開発というのはアダルトビデオの中だけの話ではないんです。

この人肌接触という行為そのものが新たな性感帯を開発するきっかけになるわけです。人肌に触れ続けることで、快感を感じ入る条件が脳の中で形成され、ドンドン活性化していくわけです。

そして人妻はその人肌による快感増幅=性感帯の開発がかなり成されているというのが常識でしょう。

この特徴が人妻を抱くべき理由に直結するわけです。

人妻で不倫セックスを希望している場合、圧倒的に寂しさを解消したいタイプが多いのです。これはつまり、人肌をすごく欲している状態と言えるわけです。

もとよりセックスの快感を知っていて、年齢的にもエロい状態に成熟しつつある人妻なので、セックスに対する熱意と欲求は凄まじいものがあります。

人妻が求める性的快感は、今まで知らなかったようなプレイや、人妻だからこそできるプレイなどが山のようにあるわけです。要するに、人妻の性的な経験値が、セックスにおける快感の選択肢と強さを無限にするということなのです。

これこそが人妻を抱くということが、一般の独身女性を抱くことよりも圧倒的にメリットが大きい理由のひとつなのです。

人妻を抱くべき理由その三

人妻画像

人妻を一人の女声として解放する使命、それが人妻を抱くべき理由の一つです。

快感を求めて出会う男女というのは、生物的な本能では正しいと同時に、人の進化の過程で備わった、快感による人生の充実という結果をもたらします。快感はまさに脳内麻薬であり、ストレスを解消するために生物的に備わった防衛本能なのです。

不倫はたしかに誠実さを欠く行為ですが、日本という、男尊女卑が根強い社会では、いままさにこの不倫による女性の自由の解放が必要になってきているのです。

妻を縛る家庭理論

人妻は結婚した瞬間から、世間体に縛られます。昨今の日本ではようやく共働きという概念や、主夫という概念が浸透しつつありますが、未だに根強く残り、議論に上っても全く解決の糸口さえままならない悪習とも言える考え方があります。

「子育ては女性がするもの」

たとえばこの悪習ですね。どこぞのM議員が奥さんの妊娠中に浮気などというアホ行為を働いたがために、男性の育児休暇がその重要性をたち消えにしたように、この悪習が未だに強く残っています。

これは子供のいない人妻にもプレッシャーを与え、ストレスと不安を大きくしていくのです。複数世代同居という状態がほぼなくなりつつある現代の日本で、ストレスのはけ口となる相談役は愚か、夫でさえもその不安やストレスに対応することはないのです。

こういった、理不尽な悪習と配偶者に悩む人妻たちを一人の女性として励まし、元気づけるためにも、不倫セックスというのは重要な立ち位置になってきているのです。

ただ単に背徳的な快感を求めて人妻との出会いを求める男性出会っても、この理不尽から少しでも開放させてあげるという使命を担っているのです。

人妻である前に一人の女性ということをもう一度思い出させてあげられるというのが、人妻を抱くべき理由のひとつなのです。

人妻セックスを勧める3つの理由まとめ

人妻とのセックスににおけるメリット3つをまとめると、

「背徳的なセックスの気持ちよさ」
「人妻のセックス経験値の高さ」
「人妻の心をセックスで解放する」

ということです。

人妻とのセックスは、あなたが想像する以上の気持ちよさと快感を与えてくれることでしょう。解放を求める人妻は人妻セフレ掲示板にあふれています。
今すぐにでも出会ってあげてください。