【お持ち帰り】人妻とセックス後に下着を貰う方法

実は人妻好きの男性がよく行っている「抱いた人妻の下着を貰って帰る」というアクションについて解説します。女性の下着をほしいと思う男性は意外と多く、ツイッターなどで犯罪まがいの下着ドロを自慢する輩がいるほどです。

とはいえ、男性の”女性の下着が欲しい”という願望は不自然なことではなく、最近の少年誌がやたらめったらパンティーの見える描写を好み、そういった漫画ばかりが残っていく状況を見れば明白です。

そしてその下着の持ち主が人妻ともなれば、高まっている性欲がフェロモンとして下着に付着していることなどは容易に想像できます。決して変態的な意味ではなく、男性の本能的行動として下着を欲する気持ちというものは街がていないのです。

人妻掲示板は下着の狩場

実は人妻掲示板では意外にも人馬の下着を持って帰ることに成功する男性が多いのはご存知でしょうか?人妻との関係性の深さも重要になってきますが、ワンナイトの関係であっても交渉方法次第で成功率は高くなるのです。

もちろん単純に買い取るというカタチでも人妻の下着をゲットすることは可能ですが、割り切り関係であることが必要だったりして、できればタダでもらいたいものですよね?そんな人妻の下着を無料で貰うための交渉方法をお教えまします。

人妻とのセックスで下着を貰う

人妻とのセックスで下着を貰う

人妻の下着を貰うために必要な交渉術として、まず最初は人妻との信頼関係です。人妻とセフレ関係にあるのだれば、下着を貰うのは難しくないでしょう。

ただし、当たり前の話、人妻の下着を貰う場合、代わりの下着が必要になってきます。ノーパンやらノーブラで帰宅させたら、当然のごとく怪しまれる可能性が高くなります。

あまり多くの事例はありませんが、旦那が奥さんの下着について把握していることがあり、即行で不倫がバレてしまうこともあるのです。なので、代わりの下着の準備は欠かさないようにしましょう。

人妻によっては不倫セックスに浮かれて勝負下着のような高級品を付けてくることもありますので、ある程度見合った品を用意しておくのが良いですよ。

その際、人妻の性格にもよりますが、下着の上下が合っているかどうかなどは確認しておいたほうが無難です。普段上下を合わせている人妻がちぐはぐな下着をつけるようなことになると、怪しまれる可能性が高くなりますからね。

なので、セフレ関係になっているなど、信頼関係が成立している人妻であれば、事後対策を準備して交渉に臨むのが良いと言えます。

人妻の下着を貰う交渉術の2つ目は、ズバリワンナイトの関係での人妻から下着を貰う方法です。信頼関係がない分、断られる可能性が高くなりがちです。

この場合は浮気がバレる不安を煽ることで交渉しやすくするのが良いようです。セックスのときに積極的に下着の上から愛撫することで、下着を汚す作戦を実行しましょう。

これを行うことで、人妻は濡れた下着を履いて帰ることになってしまうため、躊躇する場合が多いようです。また、これに加えて「匂いで気付かれることもある」という趣旨の話をして、下着を捨てるように誘導しましょう。

その際に替えの下着を用意しておくなどすると、意外とスムーズに下着をゲットすることができるようです。仕上げに怪しまれないように、人妻よりも後にホテルなどを後にするようにして、一度捨てた下着を拾って帰るという手法になります。

この他正直に相手に魅力的であることを伝え、下着がほしい旨を話して買い取る形に持ち込むという紳士的な手法もあります。人妻によってはこういった変態的な内容であっても、女性としての魅力があるという感覚に気を良くする場合もあるようです。

逆に事後に下着をすり替えて勝手に持って帰るという通用する相手が限られるタイプのお持ち帰り方法も。人妻の性格を見極められるのであれば実行しても良いかも知れません。

ちなみに人妻の下着がほしいという交渉は、人妻よりも年下であれば成功しやすいというウワサです。

ともあれ、人妻の下着は人妻エキスの詰まった魅力的なアイテムであることは確かです。男性であれば一度は憧れる”人妻の下着”をゲットしてみてはいかがでしょうか?

人妻の下着は洗ってもエロい

人妻の下着は洗ってもエロい

人妻の下着には強いフェロモンが着いているとされていて、一度洗った程度では落ちないという話があります。お持ち帰りした下着はとりあえず一度は洗うことをおすすめします。

そのままにしておくと虫などが付いてしまうことがあるため、穴が空いたりしてエロいデザインが台無しになるからです。せっかく貰った下着を大切にするためにも洗濯は重要ですよ。

人妻の下着には若い女性の下着よりも圧倒的にエロいエキスが染み込んでいることを実感できることでしょう。人妻遊びをしている方はぜひ試してみて下さい。

新しいフェチに目覚めること必至です。